カラダとココロに美味しい料理つくろう

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鹿肉のマリネ

生で美味しく頂いた鹿のお肉。
e0065175_22261173.jpg
今度はローズマリーとクレイジーソルト、EXオイルでマリネしてローストしました。
フライパンで焼き目を付けて、オーブン低温で40~50分。
フライパンの肉の旨味はバルサミコでこそげてソースに。

付け合せは、アーティチョークとセロリ葉のライスサラダ、
キタアカリという甘くて黄色いじゃが芋そして人参。

時間が経っても臭みが出ない、そして柔らかいお肉にびっくりです。
焼いたお肉は余り沢山頂けないので、残りは薄切りにしてサンドイッチにしてお弁当に致しました。

年に一度の鹿肉三昧。十分に堪能させて頂きました。ご馳走様でした。
[PR]
by nikogori-bancho | 2006-02-10 22:18

カラダとココロが透き通る食べ物

お友達のお父様が趣味のハンティングでしとめた鹿肉を頂戴しました。
鹿を初めてお刺身で食べた感想は、カラダとココロが透き通るという感じでした。
普段食べている食べ物はいい意味でも悪い意味でも、沢山の人の手を通って来ているんだな…と何故かとっても思いました。鹿の体のエネルギーが、ダイレクトに伝わって来ました。人の手を経て人の思いを沢山背負っているいつもの食べ物と違ってエネルギーが濁っていないのです。
栄養価的に見ても110Kcal/100gと低カロリーで、アミノ酸の粒が他の獣肉より小さくて吸収がよくて、ビタミンも豊富で美容にいいらしいです。
e0065175_21551040.jpg
前々から待ち焦がれていた私は、切り分けながらニンニク醤油、生姜醤油、そのまま、EXオイルレモンと味見をした結果…
一塊300g位あるのを切り分け、そのままでペロリと半分。
残りをEXオイル&レモンに塩胡椒して白ワインと共に頂きました。

多くの命に生かされ、命をつなげていく事なんですね、食というのは。美味もさる事ながら、食を通じて素敵な体験が出来たのは貴重な事です。
[PR]
by nikogori-bancho | 2006-02-09 21:59

帆立とセロリの組み合わせが好き

セロリの葉って繊維が強いけど、良く火を通すと とてつもなく美味しいのです。
いつもはミジン切りにして、キンピラにしたりトマトソースのベースにしたりします…
e0065175_22331850.jpg

今日は抜群の旨味の帆立と一緒に炒めて頂きました。セロリと帆立の組み合わせって大好き。

粗くミジン切りにしたセロリ葉を油でよく炒めて、彩りの人参も加えます。
一口大に切った帆立も加えて軽く塩で調味、石垣ラー油を香り付けにちょっぴり。
帆立に軽く火が通ったら出来上がりです。
e0065175_22343788.jpg

ワカメや椎茸と和えた納豆の一品と一緒に、白いご飯がパクパクすすむ食卓になりました。
[PR]
by nikogori-bancho | 2006-02-08 22:24

寒い日の至福 あんかけのお豆腐

e0065175_22214231.jpg
いつもは冷奴にして、お醤油なしで豆の甘みを楽しんでいる掬い豆腐も、寒い日が続くので蟹のあんかけにして優しいお味で頂きました。

本当に蟹しか入ってない…ちょっと手抜きですが…

蟹の旨味とお豆の甘みがふんわりと美味しいだけじゃなくて、薄味の餡のお陰で食べた後もお腹の中がぽっかぽかのオマケ付きでちょっと嬉しい夜でした。
[PR]
by nikogori-bancho | 2006-02-07 22:05

次の日のフレンチ風のお料理

昨日は北海道から魚介類が送られて来ましたので、早速手巻き寿司を致しました。e0065175_235139.jpg

そして今日はちょっと火を通して、フレンチ風のお料理。
ウニは、前菜として卵の白身と生クリームを使ったフラン
泡立てた白身と生クリームに控えめに塩をして、ウニを並べた器に流し込んで蒸しました。
e0065175_2354555.jpg 帆立は、ローズマリー風味のレモンクリームソースパスタ

ローズマリーと白ワインで軽くフランベした帆立を取り出したフライパンの旨味を生クリームとパスタの茹汁でこそげながら煮詰めて最後にレモン汁を絞り入れて帆立とパスタを絡めます。
e0065175_236653.jpg
鮪は、中が半生状態にソテーして、バルサミコとEXオイルのドレッシングで和えた人参のサラダと一緒に頂きました。

本当は手巻き寿司より、ちょっと手をかけたこんなお料理の方が私は好きかも…
[PR]
by nikogori-bancho | 2006-02-06 23:21