カラダとココロに美味しい料理つくろう

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

砂肝と三つ葉のホットサラダ

ricoの料理ブログをいつも見に来て下さっている皆様 ご無沙汰をしております。
久々に料理日記を再開で、皆様にもやっと再会でございます。なんちて
いつも見に来て下さってありがとー!!!

さて今日は、先日友人宅でご馳走になった砂肝とセロリの冷菜が余りに美味しかったので
早速rico風バリエーションを展開したいなと思い、久々にPCの前に座ったりして…

砂肝。独特の歯触り、ヘルシーなイメージが女性に人気の食材ですよね。
脂肪分が少ないので、カロリーは100gあたり94Kcalと肉類の中では少なめ。
ほうれん草で100g2mgという 鉄分が2.5mgと多いのが魅力でしょうか。
確かに、女性の強い味方となる食材のようです。
e0065175_2053944.jpg

砂肝と三つ葉のホットサラダ

洗った三つ葉を切り、ゴマ油・鷹の爪・好みのだし醤油・バルサミコで作ったドレッシングに混ぜておく。
沸かした湯で筋皮を取り除いた砂肝を茹でる。茹で加減は鮮度とお好みでどうぞ。
茹であがった砂肝が熱々のところに三つ葉入りドレッシングをかけ混ぜて、皿に盛る。

これからの季節、日本酒のお供にも重宝しそうな一品となりました。
[PR]
by nikogori-bancho | 2005-11-29 20:55

正統派スイートポテト焼成

昨日下ごしらえをしたサツマイモでスイートポテトを焼きました。

糖化酵素(βアミラーゼ)を多く含むので電子レンジで急激に加熱するより、糖化酵素の活性が最も高い60℃に保持するとでん粉が分解されて麦芽糖になり甘味が増すそうなので、オーブンで一時間ほどかけて皮のまましっかり焼きました。
ホクホクを濾し器の網目を斜めに使って頑張って濾すと上手くいきます。
皮に近いところは繊維が強くて、色も悪いので厚めに残すのが綺麗な色のスイートポテトを作るコツだそうです。

e0065175_012294.jpgたまに、そしてほんの少ししか作らないスイートポテトなので、正統派にリッチな風味を目指して、生クリーム 卵黄 無塩バター バニラシュガーとハチミツを入れました。そして照り玉。

でもトップが割れてしまった。残念…でも作った~って感じで満足です。
1分で食べちゃうし、私はちょっとしか甘いモノは食べられないけど、何時間も美味しいスイートポテトの事を考えていられるのが、お菓子作りの幸せなところかもしれませんね
[PR]
by nikogori-bancho | 2005-11-08 23:10

秋と冬の出会いの食卓メニュー ホクホクとB1の関係とは

今の時期は朝すれ違う小学生がTシャツを着ていたり、流行のファーを身に付けた女性がいたりと、秋と冬の出会う時なんですね。八百屋さんの店先も正にそんな感じの雰囲気。

紅玉のツヤツヤとした小さな赤い実を見かけると、思わず頬がぎゅっっと酸っぱくなります。
鍋物用のお野菜達もふんだんに姿を見せ始めて、栗から始まった秋が、かぼちゃは冬至、サツマイモは正月のきんとんまで、ホクホクトリオよろしく食卓を賑わせます。

そしてホクホクの澱粉糖質の分解を助け、エネルギーにかえる重要な働きをするビタミンB1を牛肉の十倍も含む豚肉を合わせて、秋と冬の出会いの食卓のメニューを作ってみました。
e0065175_23253640.jpg


豚肉のソテーには紅玉の甘酸っぱいソース

皮付きのまま切った紅玉をラップに包み電子レンジでトロリとなる迄熱して、皮と芯からスプーンで簡単にはずれるトロトロの実を、肉を焼いた鍋で肉の旨味をこそげてなじませました。最後にひと塩で簡単ソースの出来上がり。
綺麗に剥がれた皮の千切りを彩りに添えています。


スイートポテトサラダはクリームチーズと粗挽き胡椒がきいています。
しょっぱ甘くてご飯に意外と合います。サンドイッチのスプレッドにしても美味しそうです。

春菊のサラダのドレッシングには、シーザードレッシングのような濃厚な風味が欲しくて、ヨーグルトに自家製ペスト・ジェネベーゼ(ニンニク、パルミジャーノ、松の実、バジル)を合わせて、粗挽き胡椒をたっぷりと。
e0065175_23384376.jpg

今日はご飯を発芽玄米と白米の半々にしました。
土鍋で炊いたら、おこげも出来たりしてなんだか嬉しい美味しいです。
[PR]
by nikogori-bancho | 2005-11-07 22:54

風邪の予防 おまけのデザート

ニョッキを作ったカボチャ。
2人分で正味100gしか使いませんでしたので、残りは濾してお菓子作りを致しました。
お菓子だってビタミンAが摂取出来るといいに決まってますもの。

カボチャのシフォンケーキとシナモン風味のカボチャのプリンを、ほんの少しずつ作りました。
一緒に頂くと美味しい組み合わせです。
e0065175_22214770.jpgカボチャが入ると生地が重くなって、冷して抜く前に型から滑り落ちてしまうシフォンケーキ。
今までの経験で懲りて、今回は小麦粉を殆ど入れませんでしたので、撮影中に目に見えて水分が飛んでいきました。
カボチャのプリンは、せっかく濃い香りと色合いに作ったカラメルにプリンが少し混じってしまっていてお写真がちょっともったいない感じです。



でも、二つともとても美味しく、おまけの嬉しいデザートとして頂きました。
[PR]
by nikogori-bancho | 2005-11-01 22:08