「ほっ」と。キャンペーン

カラダとココロに美味しい料理つくろう

明けましておめでとうございます

e0065175_13564632.jpg七草ですね。
年末年始のご馳走と飲酒続きの胃袋に、お粥が染みるという方も多い事でしょう。

もともと粥が好きな私は、この時期だけ店頭に並ぶ和製ハーブセット「七草」が
とても嬉しい正月明けでございます。

●基本的な七草粥の作り方:
一つまみの塩と優しく洗った米と8倍の水を沸騰まで強火で、沸騰したら極弱火で決してかき混ぜずに、三十分以上かけてふっくらとした粥に炊き上げる。
炊き上がる寸前に、刻んだ七草を加える。

●ricoの七草粥の作り方:
洗わないままで米を冷凍庫に一晩入れておく(これが短時間調理のコツです)
土鍋に米の8倍の水と共入れ、極弱火にかけ沸騰したら
底からかき混ぜて火を止め、刻んだ七草を粥に乗せてから
蓋をして二十分位置く。
香りと風味が良いすりゴマを加えて、全体をかき混ぜてから頂く。

さてricoの七草粥の作り方のよいところは…

①吹き零れたり、焦げたりして失敗する事が少ない。
②火の近くにいて加減を見ている時間が短い。
③塩を入れずに、風味の良い胡麻の味とシャキシャキ感が残る七草の味で粥が頂ける。

でも、昔ながらのお作法で作られているご年配の方の前では、こんなデタラメなやり方は
怒られるだろうな…。
[PR]
by nikogori-bancho | 2006-01-07 07:07