「ほっ」と。キャンペーン

カラダとココロに美味しい料理つくろう

風邪の予防に かぼちゃのニョッキ

今日は、かぼちゃで大好きなニョッキを作りました。
かぼちゃの食欲をそそる秋らしいオレンジ色はカロチンの色。
カロチンは体内に入ると粘膜や皮膚の抵抗力を高め、風邪を予防するビタミンAになります。
e0065175_1856013.jpg

ニョッキには、シンプルに発酵バターとハーブを絡めて頂きました。
味のポイントにやはり大好きなイクラをプラス。
ハーブは魚介と相性がいいバジルをチョイス。

作り方は、電子レンジで蒸して皮を剥いたかぼちゃと強力粉を合わせて、塩と砂糖をひとつまみ入れてだいたい混ざったら、溶き玉子を入れて滑らかな生地にまとまるまで続けて混ぜます。最後にバターを全体になじませます。

塩がタップリ入った湯を沸かしている間に、打ち粉をたっぷりした台の上でコロコロ転がして生地を細長く延ばします。一口大に包丁で切って、軽く丸めてフォークで潰して筋を付けては、どんどん沸いて来た湯に投入。浮いて来たニョッキはバターが入ったボールにどんどん掬い上げます。ドライバジルを、溶けたバターに絡めたニョッキ全体的に混ぜて出来上がり。
e0065175_18565464.jpg

味のポイントとしてプラスするのは、イクラやタラコ、パルメジャーノレッジャーノやゴルゴンゾーラなど塩味と独特の風味がある食材が、ほんのり甘いかぼちゃの味を引き立ててくれると思います。
[PR]
by nikogori-bancho | 2005-10-31 18:22